トップへ » アンチエイジング歯科医療とは? » 歯周病治療 » レーザーを使った歯周病治療

レーザーを使った歯周病治療

レーザーを使った歯周病治療●Co2レーザーを使用した高度な歯周病治療
●たった1回の治療で痛みを軽減

歯周病の特長は初期症状がなく、ゆっくり進行していくことです。そのため腫れや痛み、出血などが現れたときは、かなり深刻な状態になっています。

症状が軽い歯周病であれば、歯周ポケットの内側に溜まっている細菌や汚れを丁寧に取り除くことで、ほぼ完治できます。しかし歯のお掃除だけでは急激な腫れや炎症を抑えることはできず、それには高度な治療が必要です。

当院ではCo2レーザーを使用した高度な歯周病治療を行っています。歯周ポケット内にレーザーを照射して殺菌し、歯肉の腫れや痛み、出血を抑えます。その効果は高く、激しい腫れや痛みが伴う急性症状でも、わずか1~2日でひいていきます。

激痛を訴えていた患者さんから、「たった1回の治療で、激しい痛みがぴたりと治まった」とおっしゃっていただくこともあり、驚くほど優れた治療効果があります。


トップへ » アンチエイジング歯科医療とは? » 歯周病治療 » レーザーを使った歯周病治療


コールバック予約