トップへ » アンチエイジング歯科医療とは? » 一般歯科(虫歯治療) » できるだけ削らない治療

できるだけ削らない治療

できるだけ削らない治療●できるだけ歯を削らない治療
●歯の寿命を延ばすことが目的

歯の治療で大切なことは、5年先、10年先の、その方の"歯の人生を考えた治療"です。当院では患者さんの10年先を意識しながら、できるだけ歯を削らない治療を心がけています。

とはいえ、すべての症例にあてはまるとは限りません。奥歯の場合、一見治療が必要なさそうな場合でも、噛み合わせたときに歯の根が痛むと再治療が必要です。あるいは歯を抜かなければならないかもしれません。10年先の"歯"を考えると、最初から全部削り、人工歯を被せたほうが歯の寿命を延ばすことができる場合もあります。

できるだけ削らない治療大切なことは、どのような治療を行えば、歯の寿命を延ばせるか。このことを意識した上で、できるだけ削らない治療を心がけています。


トップへ » アンチエイジング歯科医療とは? » 一般歯科(虫歯治療) » できるだけ削らない治療


コールバック予約