トップへ » アンチエイジング歯科医療とは? » 保険治療と自費治療の違い » 【治療過程における自費と保険の違い】

【治療過程における自費と保険の違い】

様々な色味から自分に合った色を選べる
治療過程における自費と保険の違いどんなに耐久性に優れシッカリ噛める人工歯でも、色味が他の歯と異なってしまっては、自然なお口元にはなりません。当院の自費治療では、より天然歯に合わせた細かい色味の調整が可能です。

治療過程における自費と保険の違いまた色味の調整の際には、「太陽光」に限りなく近い光を放つ特殊な蛍光灯(人工太陽照明灯)を用いることで、より自然な歯の色を選定することができます。

歯科技工士の違い
治療過程における自費と保険の違い歯科技工士さん(歯の被せ物・詰め物・入れ歯等を作る方)は、保険の被せ物を作る場合、一つの被せ物に対する報酬が低いため、たくさん作らなければなりません。

自費の被せ物ではこちらから支払う費用が高くなるため、より手間をかけて丁寧に作ることができるようになります。また被せ物を作る過程で質が高く変形の少ない材料を用いて作業することができます。

使用する材料の違い
治療過程における自費と保険の違い保険診療で広く使用されている接着剤は長期間の使用で唾液により溶解されることがあり、被せ物が脱離したり、接着剤が溶解された隙間から細菌が侵入し、虫歯になってしまうことが少なくありません。

自費診療ではより接着力が高く耐久性が優れている接着剤を使用することができます。また被せ物の材料には見た目が美しく、プラークがつきにくいセラミックを使用したり、被せ物の土台には歯根が割れてしまうリスクが非常に少ない材料を使うこともできます。


トップへ » アンチエイジング歯科医療とは? » 保険治療と自費治療の違い » 【治療過程における自費と保険の違い】


コールバック予約