トップへ » アンチエイジング歯科医療とは? » 歯周病治療

【歯周病】レーザーを使った歯周病治療

歯がグラグラする。歯と歯の間があいている。歯ぐきの腫れや痛み、出血がある。口臭がする......。このような歯や歯ぐきのトラブルでお悩みの方はいませんか?

歯周病

これらは歯周病の症状で、放っておけば大変危険です。歯周病治療には早期発見・早期治療が欠かせません。心あたりがある方は、早期の診察をおススメしています。

レーザーを使った歯周病治療

レーザーを使った歯周病治療●Co2レーザーを使用した高度な歯周病治療
●たった1回の治療で痛みを軽減

歯周病の特長は初期症状がなく、ゆっくり進行していくことです。そのため腫れや痛み、出血などが現れたときは、かなり深刻な状態になっています。

症状が軽い歯周病であれば、歯周ポケットの内側に溜まっている細菌や汚れを丁寧に取り除くことで、ほぼ完治できます。しかし歯のお掃除だけでは急激な腫れや炎症を抑えることはできず、それには高度な治療が必要です。

当院ではCo2レーザーを使用した高度な歯周病治療を行っています。歯周ポケット内にレーザーを照射して殺菌し、歯肉の腫れや痛み、出血を抑えます。その効果は高く、激しい腫れや痛みが伴う急性症状でも、わずか1~2日でひいていきます。

激痛を訴えていた患者さんから、「たった1回の治療で、激しい痛みがぴたりと治まった」とおっしゃっていただくこともあり、驚くほど優れた治療効果があります。

歯周病の進行段階とは?

歯周病●歯周病は歯を失う原因のトップ
●早期発見・早期治療で大切な歯を守る

日本人が歯を失う原因のトップにあげられているのが歯周病です。40歳以上の日本人のうち5人に1人がかかっているといわれ、もはや国民病ともいえます。

歯周病は歯周病菌に感染して起きる病気です。歯に付着した歯石や汚れが歯周ポケットの内側に溜まると、細菌による炎症が起きます。

そして感染が広がると、歯根膜や歯槽骨も破壊され、支えきれなくなり歯がグラつき始めます。さらに進行すると歯の土台となる歯槽骨まで溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病の怖さはこれだけではありません。最近の研究により、心臓や腎臓など全身に悪い影響を与えていることが、少しずつ明らかになってきました。

確かに歯周病は恐ろしい病気ですが、早期発見・早期治療をすれば、大切な歯を守ることができます。そのためにも3ヶ月から半年に1度の定期健診をおススメしています。

こんなに怖い歯周病とからだの関係

歯周病最近テレビや新聞などで「歯周病と全身疾患の関係」が指摘されています。すでにご存じの方も多いと思いますが、歯周病を治療せずにそのままにしておくと、からだに悪い影響を与えるといいます。

では一体、歯周病を治療しないでいると、私たちの身体にどのような影響を与え、どのようなトラブルを引き起こすのでしょうか?

糖尿病
血糖値が高くなり全身の免疫力が落ち、悪化すると身体合併症を引き起こすこともある怖い病気です。

肥満
歯周病が起こす炎症が肥満を招く一因ともいわれています。また脂肪細胞により全身の炎症が起きているため、歯周病の炎症を悪化させやすくなります。

脳卒中
血液中の歯周病菌がアテローム性プラークを作り、それが原因で血栓が生じると、脳の血管に運ばれ脳卒中を発症します。

早産/低体重児出産
低体重児は体重が2500グラム未満で生まれる赤ちゃんのことをいい、未熟児ともいわれます。歯周病菌の毒素や炎症物質により母体の血液濃度が高くなり、子宮筋が収縮すると早産になる危険性が高まります。

誤嚥(ごえん)性肺炎
歯周病とからだの関係高齢者の死亡原因に多い肺炎で、口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで起こります。高齢になると口腔機能が低下するため誤嚥が多く、口の中に細菌が多いと誤嚥(ごえん)性肺炎を起こしやすくなります。

これらの病気は、ほんの一部にすぎません。もし、歯周病の症状で思い当たる点がある方は、早目に専門医にご相談ください。

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » アンチエイジング歯科医療とは? » 歯周病治療


コールバック予約